カーレース インディー

インディーカーレースが好き

鈴鹿サーキットや富士スピードウェイでのF1やフォーミュラニッポンも良いですが、私は、インディーカーレースが好きです。


平均時速約310キロのインディーカーレース。迫力が違います。


今年で5回目を迎えるインディー・ジャパンは、日本国内で唯一オーバーオールを持つツインリンクもてぎにて毎年開催されます。


アメリカで行われるインディアナポリス500マイルレースよりも小規模な、国内のインディー・ジャパン300マイルですが、もてぎの観客席はぎゅうぎゅうです。これだけファンが多いんですね。



参戦4年目を迎えた日本人ドライバー松浦孝亮さんも、チームが変わり今後が期待できます!

アメリカで91年もの歴史を誇るインディーカーレースで、日本人初優勝が見れたら感動ですよね!


カーレース インディー

インディー・カーレースを国内で観戦

年間400万人もの観客を魅了するインディーカーレースが日本でも観戦出来ます。

ご存知の方も多いと思いますが、国内にあるツインリンクもてぎにて、毎年インディージャパンというカーレース大会が行われています。今年で5年目を迎えました。

インディーに注目したいのは、レースだけではありません。
今年から、燃料を、ガソリンからエタノールに代えました。
しかし、ここがアメリカらしいんですが、今年からまたカーレースの連戦が増えたのです。せっかく燃料をエタノールに代えてエコをアピールしたのに、大会が増えちゃ意味がないですよね・・・逆効果の可能性も・・・。

まあ、そんな矛盾だらけのアメリカ最大のカーレース、インディー。いろいろな意味で目が離せません。

カーレース インディー

インディーカーレースとは

インディーカーレースをご存知ですか?
アメリカのインディアナポリス市にて、毎年5月末のメモリアルデーの前日に開催される世界最大のカーレースです。

以前はCARTシリーズに属していましたが、インディーとCARTが決裂、今は、独自のインディーレーシング・リーグというのを各地で開催しています。
インディー最大のカーレース、インディアナポリスにて行われている「INDY500」は年間400万人もの観客を呼んでいる、かなり大きなカーレース大会になっています。

F1モナコグランプリ、ル・マン24時間耐久レース、インディーカーレースの3つは世界三代レースと呼ばれています。

2007年から燃料をエタノール100パーセントに代え、エコを推奨するカーレースともなりました。2008年日本で開催されるインディー・ジャパンが楽しみです。

カーレース インディー

カーレースインディー

F1モナコグランプリ、ル・マン24時間レースと共に世界三代カーレースと称されているのが、インディー・カーレースです。

アメリカの北米を中心に行われるインディー・カーレースシリーズで、百年近い歴史があります。
(以前は、CARTシリーズの一つでしたが、オーナー同士のもつれにより分裂。現在はインディー・レーシング・リーグを独自で行っています)

カーレースシリーズ一番の目玉は、アメリカにある五大湖の一つ、ミシガン湖の南に位置するインディアナポリス市の「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」です。
毎年40万人もの観客が集まるんですから、インディーへの人気とその熱気は凄まじいものがあります。

カーレース インディー

カーレース・インディーを知る

世界最大の自動車レースと言われるのが、インディーカーレース
始まりは1911年と96年も前になります。しかし、戦火で中断し、2007年で91回目を迎えることになりました。

アメリカの北側、インディアナポリス市にて毎年5月末のメモリアル・デーの前日に開催される「インディアナポリス500マイルレース」はかなり大きな大会になっています。

日本でも、国内唯一のオーバルコースを持つ「ツインリンクもてぎ」のサーキット場にてカーレース、インディー・ジャパン300マイルが5年に渡り開催されてきました。

インディー・カーレースには日本人ドライバーも参戦しています。
日本で開催されるようになって、インディーファンも増えてきていますので、今後もインディーのカーレースに注目していきたいです。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。