カーレースの魅力! > カーレース 歴史 > カーレースの歴史に残るドライバー

カーレース 歴史

カーレースの歴史に残るドライバー

カーレースF1に参戦しているチームドライバーの中で、最も歴史に残るドライバーといったら、「アイルトン・セナ」だと思います。

カーレースでのタイトルを3回勝ち取り、世界一速いドライバーとして知られていましたが、イモラの悪夢による惨劇で死に至った時には、世界中を悲しみに包み込みました。

ドライバーでカーレース中に事故死した数は過去に27人いますが、F1の歴史上最も悲惨な事故だったと言われています。

過去4回ものタイトルを持つ「アラン・プロスト」もしかり。

セナとの因縁の戦いもまた印象に強く、歴史に残すこととなりました。

セナ、プロストを押しのけ7回ものカーレースの世界チャンピオンに輝いたのは「ミハエル・シューマッハ」です。

過去にも現在にもこれを更新した者はまだいません。

F1の歴史に大きく残るタイトル数と言えるでしょう。


<<インディーカーレースが好き | カーレースの魅力!トップへ | カーレースがクラシックカーで埋まる>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。