カーレースの魅力! > カーレース 歴史 > カーレースの歴史上最も悲惨な事故

カーレース 歴史

カーレースの歴史上最も悲惨な事故

カーレース歴史あるモータースポーツです。
様々なカーレースが各国で行われてきましたが、F1はその中でも安全だと歴史の中で言われてきました。

しかし、1994年サンマリノグランプリにて事故が多発。ドライバーが二人も死亡するという、F1の歴史上最も悲惨なグランプリとなってしまいました。

レーシングドライバー、アイルトン・セナは、マクラーレンからウィリアムズに移籍して翌年の1994年に、サンマリノグランプリに参戦。カーレース中、スタートを切ってすぐのコーナーを曲がりきれずにクラッシュ、帰らぬ人となってしまいました。
この時の悲劇を「イモラの悪夢」として、カーレースF1の歴史に今もなお刻まれています。

<<カーレースのラリーが日本で | カーレースの魅力!トップへ | カーレースドライバー佐藤琢磨>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。