カーレースの魅力! > カーレース ドライバー > カーレースドライバー鈴木亜久里

カーレース ドライバー

カーレースドライバー鈴木亜久里

カーレースにおける、日本人F1レーシングドライバー初の表彰台を飾ったのが、鈴木亜久里選手です。

デビューは、1988年。ラルースチームのドライバーである、ヤニック・ダグラスが中耳炎で急遽欠場になったことで、スポット参戦という形での異例のF1デビューでした。(鈴鹿サーキット場へレポート中継に向かうため、新幹線の中で参戦を聞かされたそうです)

日本人で最もF1ドライバーとして有名で知られる鈴木亜久里さんですが、実は、そのF1人生は苦難続きでした。

アジア人初の表彰台という名誉を手に入れたものの、その後は、バブル崩壊によりチームへの支援金が大幅にカットされるなど、またマネージメントディレクターとの確執等で移籍を繰り返し、最後はデビュー戦を飾った日本グランプリにてクラッシュをし、骨折などの重傷のためそのままカーレースドライバーからの引退を表明、オーナーとしての道を選びました。

<<F1フジテレビ日本GPが開幕! | カーレースの魅力!トップへ | F1日本GP決勝、アロンソ2連勝>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。